リベルサスとは

リベルサスとは、減量に有効とされる「セマグルチド」が含まれる肥満治療薬です。
血糖値を下げるインスリンの分泌を促進するほか、胃腸の働きを調整し、食欲の抑制が可能となります。血糖値を低下させる働きがあるため、糖尿病の治療薬として使われます。

リベルサスは、「Ⅱ型糖尿病治療薬」として製造販売の承認を受けています。日本では2020年に承認を取得し2021年2月から販売が開始されました。
ダイエットを目的とする治療メニューになりますので、保険適用外となります。

リベルサスの服用方法

1日1回の服用になります。空腹の状態で水と一緒に1錠をかまずに服用してください。服用後は、最低30分間以上開けてから食事、飲水および他の薬剤を使用してください。

服用後2時間程度時間を空けて、しっかりと薬剤が吸収された後に食事、飲水するほうが効果的です。

また、本剤は砕いたり溶かして服用しないよう注意ください。

リベルサスの副作用

急性膵炎
胃腸障害(嘔吐、吐き気、下痢、胸やけ)
低血糖
味覚異常
消化不良

リベルサスの料金

リベルサス3㎎(30日間) 3万3千円
リベルサス7㎎(30日間) 5万円
料金は税込です。

リベルサスの禁忌事項

DPP-4阻害剤との併用は不可となります。
18歳未満、妊娠、授乳中の方
糖尿病治療をされている方
精神安定剤をご利用の方
利尿剤を使用の方