HIFU治療UTIMS A3とは

HIFU(ハイフ:High Intensity Focused Ultrasound)は、高密度焦点式超音波もしくは、高密度集束超音波と言われ、高密度の超音波を照射して皮膚と脂肪を支えている表情筋の筋膜に、直接、熱エネルギーを与えリフトアップする治療です。

UTIMS(ユーティムス)という医療用の超音波機器を使って高密度焦点式超音波を当て、皮膚の奥に熱を入れます。1回の照射で直後から引き締め効果がでます。その後徐々に患部にコラーゲンが生成され肌の質感が向上します。ハイフ治療は、従来の医療機器では治療できなかったタルミに対しに効果を発揮します。タルミだけでなく、小ジワや目周りのタルミも改善し、ハリのある肌へと導きます。タルミ治療ははじめてという方はもちろん、今まで様々な美肌治療をやってきたという美容上級者にもおすすめです。

HIFU治療UTIMS A3の効果

・フェイスラインをシャープにしたい
・肌のハリ感をアップしたい
・首のたるみ・シワを改善したい
・眉と上瞼をギュッと引き上げたい
・マリオネットラインを改善したい
・ほうれい線を改善したい
・毛穴を引き締めたい
・すっきり小顔にしたい
・小ジワを改善したい
・眼瞼下垂を予防したい

HIFU治療UTIMS A3の仕組み

超音波を高密度に収束させて狙ったターゲットだけをピンポイントで加熱して熱変性を起こすことで、皮膚を収縮させタルミを解消する治療法です。

作用深度の異なる3種類のカートリッジを使い分けることで、真皮層・皮下組織・SMAS層という3層にアプローチして、目的別のタルミ治療が可能です。
これまで外科手術でしか行えなかったSMAS層(筋膜)と呼ばれる皮膚の土台に、直接アプローチしたタルミ治療が、メスを使わずに行えます。

真皮層

深さ1.5㎜(目元・口元など)

皮下組織

深さ3.0㎜(頬・首など)

SMAS層

深さ4.5㎜(頬など)

HIFU治療UTIMS A3の特徴

治療の安全性を第一に考え、最先端技術(センターレスハイフ)を搭載した美容医療機器「UTIMS A3」を採用。圧電凸型セラミックの中心に穴をあけることで、より安全に、より効果的に、より安定した高密度焦点式超音波を出力でき、従来のHIFU用美容医療機器と比較すると、皮膚トラブルのリスクを大幅に軽減します。

HIFU治療UTIMS A3の内容

痛みは?
顎のあたりに、照射した時に、ズーンとした痛みが少しありますが、麻酔の必要はありません。
※痛みの感じ方には個人差があります。

回数は?
一回で引き締め効果があり、その後〜2ヶ月は肌質が向上して行きます。6ヶ月程度効果が出ます。
※効果の感じ方には個人差があります。

維持方法は?
HIFU治療後は、日々のケアを心がけ、メンテナンスとして定期的なHIFU治療をおすすめします。

HIFU治療UTIMS A3の適応部位

顔全体
頰・こめかみ

顎下

HIFU治療UTIMS A3の料金

顔全体+顎下120,000円
目元引き上げ60,000円
下顎・フェイスライン60,000円

治療の流れ

カウンセリング

医師がカウンセリングを行っています。気になるお肌の症状や、トラブル・施術方法・リスクについて説明します。

治療準備

クレンジング・洗顔でメイクや汚れを落としていただきます。アクセサリーも外していただきます。照射しない部分にマーキングします。

施術

はじめは試験照射を行い、痛みがないか、皮膚への影響なども確認します。確認後照射します。

施術後

施術後はお肌に少し赤みが残る程度です。治療後のお化粧も可能ですので日常生活にも支障はありません。

UTIMSの治療自体は、30分程度で終了するので、忙しい方にもぴったりです。顎などは、ズーンとした刺激がありますが、麻酔は不要で、治療後はいつも通りメイクができるので、気軽に治療を受けられます。半年に一回程度でも、長い期間の効果がありますので、忙しい方にもお勧めです。

禁忌事項・留意点

禁忌事項

ペースメーカー、埋込式除細動器、シリコン、金属糸(金属プレート)などを体内に埋め込んでいる方
糖尿病、膠原病、心臓疾患、悪性腫瘍、発熱、感染、皮膚疾患、ケロイド体質の方
妊娠している方、またその可能性がある方
治療部位に開いた傷や化膿したニキビのある方
治療部位にコラーゲン、ヒアルロン酸、ボトックス注射を行って1週間以内の方
服薬中の薬がある場合は医師にご相談ください

治療後の留意点

治療部位の腫れ、赤み、熱感は個人差がありますが、施術当日から2~3日でおさまります。
赤みや熱感が強い場合は、ご自身でも照射部位を冷やしてください。
施術当日は、サウナや入浴は避け、飲酒もお控えください。
施術後1週間は、ピーリング、ゴマージュ、AHAなどは避けてください。
日焼けは避けて、保湿・紫外線対策ををしっかり行ってください。
施術の効果には個人差があります。
医師から内服薬、外用薬処方があった場合は、その指示に従って下さい。