ダーマペンとは

Dermapen(ダーマペン)とは、オーストラリアのEquipmed社が開発した医療機器です。極細針の長さと速度を電動でコントロールし、皮膚に微細な穴を無数に開けることで皮膚の創傷治癒効果(修復機能)を高め、コラーゲンやエラスチンなどの増生を促し、肌質や瘢痕を改善させていく治療です。

ダーマペンの内容

洗顔
局所麻酔クリーム塗布
麻酔クリーム拭き取り
薬液塗布
治療
鎮静・保湿

治療間隔(頻度)は、出血具合により、2~4週間に1回、または6~8週間に1回のペースです。
1クールは3~5回が一般的です。

ダーマペンの適応症例

表皮(約0.2㎜)

・肌の透明感向上
・美白
・しみ
・肝斑
・毛孔性苔癬

真皮(~約2㎜)

・ニキビ跡
・肌のハリ
・肌のキメ
・毛穴の開き
・小じわ
・肌のたるみ
・育毛
・傷跡、ストレッチマーク(赤色や紫色などの新しいもの)

皮下組織(約2㎜~)

・傷跡、ストレッチマーク(赤色や紫色などの新しいもの)

ダーマペンの料金

クリニック開設キャンペーン価格

・ダーマペン(非架橋ヒアルロン酸)2万円~
※使用薬剤により価格が変わります
シャネル注射ネオ+6(成長因子) 3万円
幹細胞培養上清液 4万円(脂肪細胞由来、骨髄細胞由来、臍帯血由来)
ベルベットスキン 3万円
ニキビ跡専用治療薬システィ(臍帯血細胞由来)

料金表

ダーマペンの流れ

カウンセリング

医師がカウンセリングを行っています。
気になるお肌の症状や、トラブル・施術方法・リスクについて説明します。

洗顔

治療部位を中心に洗顔します。

局所麻酔クリーム塗布

治療部位に局所麻酔クリームを塗布し、30分間待ちます。

麻酔クリーム拭き取り

麻酔クリームをしっかり拭き取ります。

薬液塗布

治療部位を6つの区画にわけて、薬液を塗布します。

治療

区画ごとに治療を行います。

鎮静・保湿

治療直後に鎮静目的のパックを行います。その後赤みを引かせるためのクリームを塗布します。
※治療後12時間はメイクや洗顔をしないでください。針の長さによっては、医師と相談の上、翌日から可能です。

禁忌事項・リスク・留意点

禁忌

・妊娠中の方
・授乳中の方
・膿疱性酒さ
・尋常性挫創
・いぼ
・ヘルペス
・強皮症
・日光性角化症
・皮膚がん
・血友病
・鉄アレルギー
※消毒薬や麻酔剤、治療に使用する薬剤にアレルギーがある場合は事前にお申し出ください。